新潟の婚活パーティーにお役立ち|新潟の婚活パーティーならエクシオ

新潟の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

新潟の婚活パーティーにお役立ち

> 新潟の婚活パーティーにお役立ち

新潟の婚活パーティーにお役立ち

本当にあったコロナ破局

新潟県で婚活中の皆様、あけましておめでとうございます。
新潟の長岡あたりでは、大雪の影響は大丈夫でしょうか。
備えていても予期せぬトラブルは起きるもの。
トラブルの時ほど、どのように対処するかで本性は出たりしますよね。
まさにコロナ禍は大トラブル。
そんな時に、考え方の違いなど浮き彫りになったカップルもいるのではないでしょうか。

年末の婚活パーティーでカップルになった方々、たくさんいらっしゃいます。
そのカップルの皆様、どうにかコロナに負けずしっかりと絆を作り上げてくださいね!

■コロナ禍でのすれ違い(実例)
・コロナの感染がこわい彼女と、あまり気にしない彼の場合
彼女は実家住まいで、職場がコロナ感染経路に厳しい調査を設けるところなので、外出すら怖くてできない。彼は一人暮らしで、フリーで働いているのであまり満員電車などにも乗らないことからコロナに危機感がない。
そんなふたりがデートの約束をするときに、もめごとに発展。会う頻度が今まで週に1~2回だったのに、「自粛をするなんて会いたくないの?」と彼。「でももし自分が無症状で感染していて相手や周りの人へうつしてしまったら。」と首を縦に振らない彼女。全く会えないのはつらいし、でもどれくらい気を付けていたら正解なのかも答えが出せない。
会う場所についても今まで通りにはいかなくなった。お出かけが大好きな二人は、今まで観光地など人がにぎわうところばかり。それを一変、一人暮らしの彼の家にばかりいることに。そこから同棲の話が出ればまた違うのですが、こちらのカップルは違いました。だんだんとなれ合いが生じてきてしまい、掃除や料理などの家事を彼女がやることに。彼はテレワークなのに、彼女が会社から帰宅するまで家のことはなにもやらず。また、お給料がお互いに3割も減ったのに、食費や生活費の考え方も合わない二人。

こうなると結婚のイメージはできません。
コロナ婚も増える一方でこのようなすれ違いも顕著ですよね。これからカップルになる人は、結婚を目指すなら、いざという時の価値観のすり合わせも視野に入れてみると現実的かもしれません。コロナ禍での過ごし方や、家事の分担について話ができるといいですね!

2021年01月13日(水) |
Category:新潟県婚活パーティーにお役立ち

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.